タグ:田無 ( 95 ) タグの人気記事
知らなかったご近所
d0082324_11375789.jpg



d0082324_11382062.jpg



d0082324_11382845.jpg





ご近所でも駅やスーパーや学校に向う道ではないところは意外に行ったことのない見知らぬ風景があるものだ。
ましてやそこで生まれ育ったわけでもなく、したがって各処に友達もない新住民にとってはこういうことは案外フツーのことのような気がする。


この写真の場所は(旧)青梅街道の「田無宿」の西のはずれ「橋場」から、もう少し西に行った場所の風景である。


田無の明治中後期生まれの古老を大勢集めて、旧田無市の中央図書館が聞取り調査した話をまとめた本に『田無のむかしばなし』(1)(2)(3)がある。(3)には古老の話を基に、明治後期から大正初期の青梅街道に沿った田無宿の商店街の地図が復元されている。これが面白い。


この地図によると、田無宿は町役場、郵便局(電話局を兼ねていた)、警察、総持寺を中心に、青梅街道の西武新宿線のガード下(柳沢)から「橋場」まで田無宿の商店がびっしり立ち並んでいた。
(「橋場」とは、玉川上水から分水した小川用水が北側と南側の二本の田無用水を分水する場所で、青梅街道には橋が架かっていた場所である。また橋場は青梅街道、成木往還道(東京街道)、鈴木街道(立川道)の三又交差点となっている場所でもある)


江戸時代では、田無宿の「橋場」をはなれるとこの先青梅までは「人家なし」の一面の原野だったらしい。(慶安2~3年(1649~50)の「武蔵田園簿」に「田無町より青梅町迄七里三町 但、原道」「原の間六里、家なし」と書かれているように、田無宿の「橋場」より西方は小川村(現小平市)が開拓されるまでは広漠たる原野だったという)。


明治後期には甲武鉄道(中央線)が飯田町~新宿~中野~荻窪~武蔵境~立川間で開通するが、明治後期に町場らしい町場といえば、田無周辺ではここ田無宿と府中、調布、中野しかなかったといい、田無宿に市の立つ日(一、六、晦日)には周辺の村からの買い物客でごったがえしたという(「田無むかしばなし」の古老の話。自分のまちの幼少期の記憶だからすこし潤色されているかも知れない)。


写真のここは自転車でいけばすぐの場所だが、自宅からは駅のある西武池袋線のひばりが丘や西武新宿線の田無駅までの道はかなり広範囲に知っているが橋場の先は縁のない場所だったので行ったことがなかったのだ。
人間の「知ってる」「知らない」は自己の活動範囲や関心範囲を示すもので、遠近には関係のないものだとあらためて知った。
by aizak3 | 2013-12-04 12:01
冬のまち
d0082324_2053681.jpg

by aizak3 | 2013-02-21 20:54
田無駅駅前広場は小さくて可愛い広場
d0082324_132784.jpg


d0082324_13275673.jpg


d0082324_1328876.jpg


d0082324_13282850.jpg


d0082324_1328391.jpg





田無駅はご覧の通り、新宿郊外の小さくて小さい駅だ。
旧宿場のあった旧青梅街道は、駅からちょっと離れたところを西武新宿線と並行して走っている。
つまり、線路は旧市街地を避けたのだ。

西武線は近郊農村に肥料として運ばれる糞尿の輸送鉄道としても使われ、田無駅には糞尿を方面別貨車に仕分けるための糞尿ホッパーがあったという。(東急玉川線は「砂利電」と呼ばれ、多摩川の砂利を都心に運び、帰りは用賀方面の農村に糞尿を運搬するので車体が染まって黄色くなったといわれた。西武線も糞尿のために「茶色」になったといわれた)


田無(たなしと読む、たむと読んではいけない)とはどんなところと、詳しく知りたい人には、「アンサイクロペデリア」(エンサイクロペディアのお笑い版)の「西東京市」をお勧めしておく。


田無は江戸時代以来、青梅から石灰を江戸に運ぶ青梅街道の宿場町であったが、石灰は南部鉄道(現JR南武線)や甲武鉄道(現JR中央線)が開通すると、青梅からの石灰(この時代にはコンクリートの材料になっていた)は、それらの鉄道を利用して専用貨車で運送されるようになり、青梅街道は北多摩の青物を新宿の青物市場(いまの淀橋市場)にを輸送する主要道にかわったようだ。

ところで田無はそもそも地名の発祥の由来からして判然としない。
水が逃げて田圃が出来ないから田無となったという説が一般的だが、田圃がないということでは北多摩全体がおおむね田無しの農地しかないので、そんな事情は田無に限ったこっとではない。


田無を囲む隣の小平市も田圃はないが小平であり、田無といまは合併した保谷も田圃がないが保谷なのである。


宿場であった田無はむしろ田圃がないことを開き直ってウリにしたとしか思えない。


田無は明治初年から「田無町」(江戸時代は「田無宿」幕末は「町」)であったが、それは青梅から江戸城や江戸在府の大名、商人の塗り壁に使用する石灰石の運搬ルート上の宿場駅(寝泊り、休息、水補給、馬換えの駅)であったからで、地名は「村」より格上のようでいて、実際は、宿(しゅく)の経営自体が厳しい上に、たとえば「高井戸宿」がある事態のために、人足荷馬が不足になれば、田無宿の人馬はもとより農民、農馬まで支援に借り出されるなどして、農民は生業に支障を生じ、困窮を極めたようだ。


「町」という格は、「村」より格上を意識させることで苛斂誅求の実際を鎮める政策上の呼称に過ぎなかったのが実情のようだ。


ところで、田無は戦後に人口増はしたものの、大きなベッドタウンには成長せず、小都市のまま現在に至ったので、新宿まで25分にもかかわらず、いまもってこじんまりしたいい都市なのだ。


田無を取り囲む地域の保谷市と行政効率性向上のために、「平成の大合併」で合併して「西東京市」という、どこにあるのだかわからない市名に変更してしまったが、いっそ「田保市」でもよかったのではと思っている。(「たほ」か「たほう」か、なんと読むのか読み方が難しいが、)

国立(くにたち)市は立川市と国分寺市の中間に新しく誕生した市なので立川の立と国分寺の国をとって「国立」とした先例だってあるのだ。


東京で、「西多摩」とは青梅方面をいい、一方、八王子は「南多摩」といわれるが、「西東京バス」があるので。「西東京」というと一般的には八王子の方かと錯覚する人も多い。
田無はいい町なのに、「西東京市」という市名だけは何年経ってもしっくりしないのだ。


その原因の根幹は市名に「東京」なんて名称を使ったことにあることにほかならない。
わしゃ恥ずかしい。
旧田無市よ、保谷との合併を解消して早く「田無市」に戻れ。
「市」なんて小さい方がいいに決まっている。
保谷市が大きくなりたいなら、練馬区に合併してもらうなり、東久留米市と合併するがいい。
by aizak3 | 2013-02-16 14:10
宵闇にあらわれたウメ
d0082324_18373762.jpg



これはいままでの写真とは別の日。
駅前の線路沿いの道の薄暗がりの中に突然現われた薄紅色の紅梅。いや、ホントは「白梅」かもしれない。
驚いて、撮影しようとしたら、通りがかりの人が「キャップが閉っているようですよ」と注意してくれた。おかげでセーフ。

それにしてもこの家にウメがあるのはいままで気が付かなかった。花に出会わなければ永遠に気付かなかったろう。
by aizak3 | 2013-02-15 18:28
田無駅までぶらぶらの帰り道 2
d0082324_123120.jpg
d0082324_1231227.jpg


「こっちに来ると田無も長閑ですねぇ」なんておばさんが云っている。
地元のおじさんは「あんたどっから来たの?」なんて聞いている。

ここ一帯は住宅街のヘリに残ったかなりまとまった農地地区だ。同姓の大きな農家が何軒かあるが、表札にある姓は二つあるだけだ。

ここは生産緑地ではなくて、「農地」なのだろう。
その区別の境界は知らないが。。
日本の農地制度は複雑らしい。地目宅地の農地(課税上の農地)というのもあるらしい。

d0082324_12163285.jpg



d0082324_12164266.jpg



d0082324_12165379.jpg



この日はこれでお終い。


少し後の日、田無駅前広場を撮らなかったことが気になり、駅まで「そば」を喰いに行ったついでに
駅前広場を撮った。

写真はそんな身近で見知ったところと思っている場所でも、歳月の流れを知らせてくれる。
わずか数年の間でも、駅前が変化しているのを確実に知らせてくれるのは以前撮った写真があるからだ。

そういうものを自分の写真で知ると、ただ何気なしに「まち撮り」しているつもりでも自分が撮っているものは結局は「時間」なのかなぁと思ったりする。

撮っているときは、ここちょっといいなと思っているだけで、そんなことは考えていないのだが。。

by aizak3 | 2013-02-14 12:51
田無駅までぶらぶらの帰り道 1
d0082324_11234632.jpg



d0082324_11235896.jpg



d0082324_11241278.jpg






この日は駅前の商店街や路地は撮らなかった。
昼飯喰って、少し遠回りだが往きとは違うルートを通って帰ることにした。

なぜって、天気はいいし、GRD2も持っていたからだ。



異様な盆栽を並べた家に出くわした。この道は初めて通る道。
d0082324_11283234.jpg

遠くに、屋根の上に突き出した水槽タンクのようなものが見える。どこなのか見当がつかない。
d0082324_11315595.jpg

ヤツデの上にみえる隣の二階の壁が十字架のように見えたのでスナップした。
d0082324_11321117.jpg

この家は見覚えがある、もうだいぶ前(数年前)から無人となっていたはずだ。いまだに手付かずで放置されている。
d0082324_11322348.jpg

大通りを渡って違う地区にでた。歩くのははじめての道。
d0082324_11323838.jpg

by aizak3 | 2013-02-13 11:50
田無駅までぶらぶら 4
d0082324_1112398.jpg



d0082324_1113450.jpg



d0082324_1114664.jpg



d0082324_1115537.jpg



d0082324_112543.jpg





ここは幼稚園の隣の街区で、駅から2,3分の場所。
市営の大きな駐輪場がある(一枚目)。

もう無職遊民になって久しいので、駅周辺の住宅街を歩くのはしばらくぶり(このごろは駅に行くには自転車で駅前ビルの駐輪場に直行するので、歩きとは違ったルートを行く)となったが、歩いていくとちょっと新しい発見もあった。
クルマでいく、自転車でいく、歩いていく、では「まち」の見え方が違ってくる。誰でもご存知だろうが「発見」には歩きが一番。

二枚目の診療所風の建物は昔から使用されている形跡はないのだが、生垣だけはキレイに剪定されている。取り壊しもしないで、なぜ生垣の剪定だけを続けるのだろう。
ほかにも無人の家屋が二三軒ある。どの家屋も無人になってみると急に住んでいた人の痕跡が顕わになって浮び上がってくるのが不思議だ。

三枚目も無人家屋のようなお宅で、門の中にカバーをかけられた自動車が据えられていた。
数年前にその自動車を入れてこのお宅を撮らせてもらったが、そのたたずまいは現在も以前と全く変わらない。咳もくしゃみも聞こえない。

四枚目は以前は全部塀で囲まれていたのが、一部塀が取り壊されていた。自動車が入っていた。

五枚目は三枚目の続きだ。ごめんなさい。


しばらくぶりに歩くといたるところで、同じようでいて「まち」はビミョーに変わっているのだ。
by aizak3 | 2013-02-12 11:04
田無駅までぶらぶら 3
d0082324_104703.jpg



d0082324_10471226.jpg



d0082324_10474314.jpg



d0082324_104753100.jpg



d0082324_10491455.jpg





だいぶ駅に近づいてきた。これは駅から4,5分のところにある幼稚園と学校のある一画。
足腰のための散歩と昼飯が目的のぶらぶら歩きだから、道順からそれて歩き回ったりはしない。
目に付いたものだけ撮る。

一枚目 未舗装の私道宅地。砂利砂舗装の方が維持費が懸るのじゃないかと思うが田無でもまだまれにある。懐かしい。
二枚目 幼稚園の前を通りかかったので閉ざされた門扉を撮影。御用の方は事務棟までと書いてある。たわむれに撮っただけだから御用はない。
三枚目 幼稚園側道の黄色の送迎バスをアパートの敷地から。手前は枯れ切ったあじさい。このアパートは現在は全員退去済みの無人アパート。
四枚目 このアパートを退去した居住者が置いていったなにか。幼子がいたのか、いなかったのか。
五枚目 すぐそばの小学校。ここも門扉は閉ざされている。門扉の隙間からGRD2を突っ込んだら男の子が不審そうに見に来た。何をしているのか怪しそうな挙動に見えたのだろう。もっともなことだ。君と同じだ。気まぐれなだけだ。
by aizak3 | 2013-02-11 12:42
田無駅までぶらぶら 2
d0082324_11191569.jpg



d0082324_11192613.jpg



d0082324_11193925.jpg



d0082324_11201266.jpg



d0082324_11202413.jpg



d0082324_11222347.jpg





歩いた順に並べると、きのう載せた道ばたの農地の隣がこれなのである。


この道には農地と住宅と鉄工所と医院と豆腐屋とバイク屋と小さなマンションとまちの溜まり場のようなスナックとが混在している。
以前はいかにもまちの中華やさんといった風情のラーメン屋もあったが、この店は廃業した。
しかし、それ以外は一軒も廃業していない。

鉄工所と豆腐屋さんは好きな被写体なので、以前モノクロで撮ったが今回は撮り口を変えた(1,2枚目が鉄工所。3枚目が豆腐屋さん)

鉄工所は大きな敷地建物が必要ななのでまちなかで立地するのは大変だと思うのだが、頑張っている。
わたしは結構「鉄」好きなのだ。鉄を切ったり繋いだりするのは見ていて飽きない。
なぜかは知らない。
by aizak3 | 2013-02-10 11:56
田無駅までぶらぶら 1
d0082324_11244447.jpg



d0082324_11265578.jpg



d0082324_1127665.jpg



d0082324_11285295.jpg



d0082324_11294558.jpg



d0082324_11295742.jpg





この日、久しぶりに暖かだったので、昼飯がてらコンデジのGRD2を持って駅まで出かけました。
駅までの道はほとんど撮りつくした道なので、落穂ひろいのようなスナップで、それまで撮ったことのない被写体を狙いました。

田舎のように思われるでしょうが、道の両脇には住いやマンションが立ち並んだ市街地です。
ところが、ところどころに大きな農家が混じっているので、農家の裏庭が道に面しているところでは、このようにまるで農地をとっているような風景に成る箇所もあります。

高級住宅街で育っていないので、いろいろな家が混在した「まち」が好きなのです。
by aizak3 | 2013-02-09 11:34