タグ:新宿 ( 258 ) タグの人気記事
見慣れた景色 1
d0082324_21512926.jpg



d0082324_21515037.jpg



d0082324_2152390.jpg





みんなが見ているはずのこの風景。だが、それは方角を確かめるだけだから、あとでスケッチできない。
カメラはとりあえず撮れば、そこに何があったのかがキチンとわかる。
見ても記憶に残らなければそこに世界があったとはいえない。
カメラは世界を見る道具なんだな。


以下は写真とは無関係

今年くらい熱中症で病院に運ばれる老人がニュースで報じられる年はない。
冷房器をつけていなかった所為だといわれるが、ホントは原発の事故対策を真剣にやっているとは思えない東電を援助しても、老人に冷房代を援助しようとしない政府のためだ。

毎日200トンの汚染地下水を汲み上げて、ただタガの緩んだコンクリ水槽に移し、40年後でなければ、放射能を出し続ける福島第一原発の融解した原子炉の本格処理に取り掛かれない東電の無責任体制を問わず、税金で東電に代わって地下汚染水対策を40年も?つづけようという政府は一体なにを考えているのか。

もはや誰の眼にも東電の放射線に対する危機意識の欠如は明らかだろう。
こんな会社は料金値上げで救うのではなく、一刻も早く破産処理して、福島第一はチェルノブイリ同じように石棺化して封印するよりほかはないのではないか。
避難民の帰村帰町は現状の有様ではありえないだろう。

もはや誰の眼にも、日本のように地震津波対策以前の問題として、全国いたるところに断層が網の目のように走る地理的条件下では「絶対安全」な原発の立地場所も再稼動もありえないのは明らかだろう。

自然災害(天災)は何ヵ年かあれば復興できる。しかし放射線事故は何ヵ年の期間では収束できない。
ましてや、東電・関電のような独占体制に胡坐をかいている危機意識の欠如した事業者においておや。

事故当時の東電幹部はみんな海外逃亡して、前会長、社長、以下。。検察に事情聴取されることを避け、子会社で優遇され悠々暮らしているというではないか。


東電に手をつけずに電気料金値上げにはうなづけない。
by aizak3 | 2013-09-02 22:51
ペデからみた新宿西口の風景
d0082324_1172730.jpg



d0082324_1173898.jpg



d0082324_1175350.jpg



d0082324_118457.jpg



d0082324_1181531.jpg



d0082324_118276.jpg





新宿西口の残雪のある風景はこれで終る。


西口は淀橋浄水場の跡地で、発足から言えば人影まばらな地区に戦後、完全に人工的な副都心計画で建設された都市だったのだがだんだん人影も増えて、いまでは老朽化さえしてくるとなんだか味わいが出てきた。
といっても、もはや半世紀以上経ったのだから当然といえば当然なのだが。。


超高層人工都市はいまでは有明、汐留め、品川、天王洲、大崎などあるが、オフィスと遊興施設が併存しているところは新宿西口が一番だ(というより、他にはまだないといってもいいくらいだ。天王洲アイルの高層ビルに囲まれた広場で昼に派遣だかどうだか知らないが、人別カードを首から掛けた多勢のサラリーマンがコーヒー片手にハンバーガーを齧っているのを見たとき、わたしは途轍もない人間疎外都市の出現を感じて衝撃を受けた。まさに、人型ロボットが「労働力」を再生産している現場のようだった)
他の再開発都市が人工都市臭いのに対し、西口は、人工都市だったなんてことはもう思い出せないくらいだ。


くすんできてますます発展を続ける都市の面白さが何度も足を運ばせる原因だろうか。





東京も今晩からまた、雪だという。木曜日も雪らしい。雪が消えないうちにまた雪。
暖冬予報は完全に訂正された。なんでもインド洋の海面温度が上がりすぎて、偏西風の流れが変わって、北極の寒気が日本付近まで降りてくるからだという。
北極海の結氷率はかつてないほど少なくて、凍らない冷水面が寒気を強めているのだとも云う。なにがなんだかわからないが、ともかく晴れても寒い冬が続くらしい。

暖房費払えなくなりそう。
by aizak3 | 2013-01-21 11:50
きのうの続きのつづき
d0082324_10492862.jpg



d0082324_10493830.jpg



d0082324_1049479.jpg



d0082324_1049572.jpg





ペデからの風景ではなくて、ペデ自体を撮ってみたのはこれが初めて。

中央高速の笹子トンネル事故が起きて、あらためて全国のトンネルや橋の老朽化対策が問題になってきたが、この新宿西口広場全体も写真に写してみると老朽化しているみたい。

高齢化というのは人間だけの話ではないんだな。

でも、なんだか貫禄も出てきた感じもする。
古くなるとなんでも貫禄がつくのか。

欠けた古茶碗でも埃だらけのお皿でも古くなると神通力を獲得して自由に飛びまわれるようになるなんて藤枝静男の小説なら面白いけど、落語の狼を怖がらせる「古屋の漏り」の方が現実なのだが、先立つものがないとはどうすりゃいいのか。
ああ、恐ろしい。
by aizak3 | 2013-01-20 11:42
昨日の続きの その前
d0082324_10413381.jpg



d0082324_104143100.jpg



d0082324_10415336.jpg



d0082324_1042694.jpg





Nikonから青梅街道の歩道橋を渡って柏木公園へ。このコースは初めて。

ところで、このシリーズは新しい方から過去のほうへ時間の流れを遡る旅になった。

新しい方から古いほうへと歩いた順番を逆転させるとわれながら自分の記憶の時間軸が狂ってき変な感じがする。
映画の場面を適当に区切って、ラストの方から前の方へと前後を逆転させた感じ。

でも、他人の写真を見る人は写真の前後は知らないから、そんな感じは受けないだろう。
自分だけで、感覚のズレを不思議がっているにすぎないが。。。
by aizak3 | 2013-01-19 11:11
ブラックアイス化
d0082324_18231930.jpg




今日はOBの新年会。昼に始って1時半に終ったので、新宿で降りて、ひさしぶりにnikonを覗いて、道すがら何枚か写して、帰ってきた。
三日前に振った雪が都心でも思いのほか歩道には残っていて、用心して歩いた。
今晩も解けた雪が「ブラックアイス」になりそう。

「ブラックアイス(バーン)」という言葉はきのうのTVではじめて聞いた。
昼間の日射で解けた雪で路面がただ湿っているだけのように見えて、実は凍っていて滑りやすくなっている路面のことだという。

怖いので明るいうちに帰ってきた。
by aizak3 | 2013-01-17 19:26
雨が降ろうがヤリが降ろうがタバコだ ワッショイ
d0082324_11271933.jpg


d0082324_11273199.jpg


d0082324_1127532.jpg


d0082324_11274257.jpg




この日、新宿で小さな同窓会やって、思い切り悪口言い合って、表へ出たら雨だった。
帽子被ってたし、オーバーも着てたから気にならず、駅前にきたら雨の中でも道路上の喫煙コーナーはいつもと変わらぬ人の群れ。現代の被差別者はつらいよ。

たばこ咥えながら、2分足らずの撮影。
by aizak3 | 2012-12-21 11:43
雨後の路地 Ⅲ
d0082324_12553012.jpg
d0082324_1255398.jpg






以上の路地シリーズはさる日、鬼海弘雄×瀬戸正人のトークショーを聞きにいった時、PLACE-Mへの道すがら撮った写真でした。


鬼海弘雄×瀬戸正人のトークショーはちょっとかみ合わない部分が多かったが、鬼海弘雄のいつもながらの朴訥な熱のこもった核心的写真論が語られた。


お茶ボトルもなしで参加料900円は高いなと思ったが、鬼海弘雄の写真論はわたしが思っていた(想像していた)通りの写真論で、鬼海弘雄への我が思いが的中していたことを確認できたので満足。


★上記の私の写真とは何の関係もありません。
by aizak3 | 2012-09-12 13:32
雨後の路地 Ⅱ
d0082324_2244354.jpg


d0082324_2244144.jpg

by aizak3 | 2012-09-11 09:43
雨後の路地
d0082324_10301729.jpg


d0082324_10302689.jpg

by aizak3 | 2012-09-10 10:31
再発見
d0082324_10363089.jpg
d0082324_10364890.jpg




ハイコントラストは見慣れたものを再発見させてはくれるが。。。
それがどうした?
by aizak3 | 2012-09-09 10:45