<   2013年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧
田無宿の面影を求めて 2 田無神社と下田半兵衛
d0082324_13155267.jpg



d0082324_1316297.jpg



d0082324_13161135.jpg



d0082324_13162080.jpg



d0082324_13163019.jpg



d0082324_13164476.jpg



d0082324_13382627.jpg



d0082324_13392777.jpg



d0082324_146236.jpg







●田無神社は明治政府の神仏分離令により、明治5年に「別当寺」の西光寺(現総持寺)から分離独立した神社で、もとは「尉殿大権現」(じょうどのだいごんげん)といった。

別当寺とは、寺院が神社の管理権を掌握する場合の呼称で、神仏分離令が発せられる以前の日本では各地に見られた神仏習合思想に基づく寺院神社一体形態で、神社では別当寺の社僧による読経、加持祈祷が行われた。(別当寺、神護寺、宮寺などを総称して「神宮寺」というそうだ)



聖徳太子が仏教を導入し、これを国造りの基本原理としたとき、無辜の民は迷った。
いままで信仰してきた氏神様や神様と新しい仏教の仏様の関係はどうなのかと。


この関係は、権力上位の上層階級では問題なく仏教優位だったが、一般土民階級では頭が混乱するので仏教は浸透せず、しばらくは氏神信仰は廃れることはなかった。

しかし、天地垂迹説が現われ、この矛盾を土民の自然崇拝感情に逆らうことなく解決した。
つまり仏は世界に普く返照するが、土民にはわかりやすく、いままで信仰してきた「神」という形で現われているだけなのだと。
土民の精神構造にはなんの革命も強いるものでもなく、こうして、神仏習合は日本人の精神構造になんの問題も惹き起さず、平穏理に江戸末期までやってきたのだ。


ところが、明治政府の神仏分離令によって突如、尉殿大権現が西光寺から独立され、田無神社となったとき、神社に掲げられていた「尉殿大権現」の扁額が、これは仏の位を表すものだとして問題になり、取り外されたので、別当寺であった西光寺(現田無山総持寺)が保管しているという。この経緯を表した西東京市教育委員会の立て札が神社内に建っている。


●西光寺(総持寺)も田無神社も設立改修の経費は田無の名主であった下田半兵衛が負担したものである。下田家(代々半兵衛を襲名した)(総持寺は明治5年に田無神社が分離独立した折、西光寺、密蔵院、観音寺の三寺が合併して総持寺となった)


●話を田無神社(尉殿大権現)に戻すと、江戸末期に下田半兵衛富宅(とみいえ)は医師賀陽玄順(玄節の子)の助言を得て江戸の神田まで足を運び、安政5年(1858)に名工の誉れの高かった嶋村俊表に痛みが激しかった尉殿大権現(現・田無神社)本殿の再建を依頼した。
俊表は養老・福祉の精神に満ちた半兵衛富宅の人柄に惚れこみ、この大仕事をわずか200両で請け負ったといわれる。 俊表の最高傑作といわれる現在の本殿は安政6年(1859)(万延元年(1860)との説もあり)に完成した。大工は鈴木内匠が務めた。

●田無神社本殿が完成した翌年の万延元年(1860)7月7日に下田半兵衛富宅は亡くなった。

●明治5年以後、分離独立した田無神社の宮司には医師賀陽家が代々引き継いでいる。最初に田無に定住したのは岡山藩医だったといわれる賀陽玄節。以下玄順→玄斉→清。

●総持寺の総総代は現在も下田家。(田無の近世史は名主下田家なしに語れないようだ)

●神社内に大鵬の碑がある。これは平成12年(2000年)、大鵬が寄贈した土俵を自ら「大鵬」と号したことを記念して翌年宮司賀陽清が建てたもの。
大鵬は引退後の平成5年(1993年)に五穀豊穣(ほうじょう)を祈念して土俵開いた。平成11年(1999年)には田無神社崇敬会初代会長に就任。その後、名誉会長を務めた。
by aizak3 | 2013-12-31 13:24
旧田無宿の面影を求めて 1 田無神社
d0082324_21341527.jpg



d0082324_21342814.jpg



d0082324_2141553.jpg





田無用水跡を撮っているうちに、だんだん「田無宿のいま」を撮ってみることに興味がわいてきた。
それは用水の歴史をざっとでも調べざるをえなかったからだ。

用水の歴史を知ると、旧青梅街道沿いに出来上がっていった「田無宿」とはどんなとこだったのかが知りたくなり、その面影がどう現在も残っているのかが知りたくなった。


新宿追分から甲州街道から分かれる青梅街道の田無宿はかつては、新宿は別にして、青梅街道沿いでは、中野、田無、青梅以外に「まち」らしい「まち」はなかったといわれる「伝馬継ぎ立て機能を主とした宿」だが、青梅街道の開通と玉川上水の分水による田無用水路の完成で単なる伝馬駅から周辺農村への必要品供給市場へと発展していったようで、1869年(明治2年)、新宿と田無間に乗合馬車が開通し、最盛期は現在の青梅街道を横切る西武新宿線のガード下の柳沢から田無中心を経て、橋場に至る約1.5kmの商店街を形成した(下記地図参照)

しかし、青梅街道も現在では拡幅され、柳沢宿あたりはもはや田無宿の面影を残すものはない。

拡幅された青梅街道から旧青梅街道への分岐点に現在も残る「田丸や」から橋場までが現存する「田無宿」の名残りである。

それで、現在の田無宿はかつては中心であったのに、現在は田無の外れになってしまった「田無神社」から始めることにした。


★田無神社とは神社の由緒書きによれば、「創立は正応年間(建長年間説もありますが、いずれも鎌倉期、十三世紀)です。旧田無市と旧保谷市の境界が入り乱れる田無村の谷戸の宮山(現在の田無2中辺り)に鎮座し、尉殿大権現(じょうどのだいごんげん)と呼ばれていた。ご祭神は龍神様(水の神様)」。
青梅街道の完成に伴い、谷戸の人々が田無宿に移ると共に、正保三年(1646年)に宮山から田無(現在の地)に分祀し、寛文十年(1670年)には、宮山に残っていた尉殿大権現の本宮そのものを田無に遷座した」となっている。
★宮司は代々賀陽済家が勤めていた。
賀陽家とはもと岡山藩医だったといわれ、田無に立ち寄ったところ、医者がいなくて困っていた田無村の名主下田半兵衛に懇願され、岡山から妻子を呼び寄せ田無村に定住したと伝えられている。ただし資料はなし。


d0082324_0111635.jpg

by aizak3 | 2013-12-30 00:01
田無用水跡地からの風景 4
d0082324_179974.jpg



d0082324_17141724.jpg



d0082324_17142734.jpg





総持寺別院の観音寺がある場所の用水路跡の風景である。

観音寺の参道は用水路を跨いで青梅街道に繋がっている。

用水路跡に面して小型のスーパーも建っている。
こちらは用水路を跨いで青梅街道に通じる古くからの道があるので、その道に面する形で用水路跡にも面して建っているというのが正確なのだろうが、実際は用水路に面して建っているという印象である。



総持寺は田無宿の中心ともいうべき場所にある真言宗智山派の寺院であるが、西光時と密蔵院とこの観音寺が合して出来た寺院である。
しかし、観音寺はなぜかむかしのままの場所に建っているのだ。
by aizak3 | 2013-12-27 17:38
田無用水跡地からの風景 3
d0082324_10562587.jpg



d0082324_10563956.jpg



d0082324_10565446.jpg



d0082324_1057697.jpg



d0082324_10571930.jpg





練馬の田柄川の水量不足を補うための田無用水からの分水路の周囲の風景。
ここは田無駅前再開発で出来た駅前の南北大通りの一歩裏の風景でもある。
南北大通りには再開発で大型ビルが建ちならんだが、一歩裏は用水路がそのままの線形で残されているのだ。
渋谷でもすでに廃川化され、下水敷となった渋谷川の源流の一つ隠田川の跡をたどったことがあるが、川沿いがどんなにシブヤ化されようとむかしからの公共用地を潰すことは出来ないからそのまま残っていた。
田無用水跡も田無の歴史を刻んでそのまま残るだろう。
by aizak3 | 2013-12-23 11:18
田無用水跡地からの風景 2
d0082324_1441719.jpg



d0082324_1442737.jpg



d0082324_1443832.jpg




用水路跡はいまは暗渠の下水敷となっている。表面はカラー舗装された歩行者専用通路で、青梅街道の歩道は狭いので、歩行者・自転車には格好の通路である。
巾一間程度なので、建築基準法上の道路とも認定されないのだろう。
だからここから見る風景はみんな各家の裏を覗くという格好になる。
犯罪写真か。
by aizak3 | 2013-12-20 14:21
田無用水跡地からの風景 1
d0082324_1335584.jpg



d0082324_134775.jpg



d0082324_1342169.jpg




青梅街道に沿って南北二本ある田無用水跡地(現在遊歩道)北側の用水跡地から見た風景の断片です。
青梅街道の「田無宿」も「田無用水」も往時の田無を支えてきたものですが、いまではどんどん往時の風景は失われています。


田無用水は元禄9年(1696)に開通し、田無宿の外れの「橋場」で南北二本の用水に分かれ、耕作不適地であった田無村の発展に寄与した用水路でったことは前に記したが、このとき田無用水は玉川上水からの分水した小川用水(現小平市)からさらに分水したものと記した。
しかし、これは小平市の調査により誤りであることがわかったので訂正します。

田無用水は、中島町の西端の玉川上水から分水し、立川通りの小川橋を経由して、玉川上水の北側を平行して流下する新堀用水が、喜平町の関東管区警察学校南側付近で田無用水と鈴木用水に分水されたもので、田無用水は鈴木小学校北付近を経由して花小金井駅東側方面へ流下して、「橋場」に至り、南北二本に分かれる用水路でした。


d0082324_14302540.jpg



用水その1(西側)
d0082324_14342625.jpg



用水その2(東側)
d0082324_1435442.jpg





青梅街道は1603年(慶長8年)、江戸城築城のために、青梅の成木村で採れる石灰を運搬する道路として、大久保長安の指揮の下に整備されたとされているが「田無宿」の成立期は不明。


田無村の名主下田半兵衛は『公用分例略記』によれば、下田半兵衛家(屋号ホンケ)は慶長元年(1596)に田無村の北谷戸から青梅街道沿いへ出てきたという。
そのころ、青梅街道の「田無宿(本陣のない伝馬宿)」の原型が出来始めたのだろうか。
ちなみに田無宿は当初は「柳沢宿」といわれ、文献上はこちらの方が多用されているようだ。


江戸から青梅街道を下ってくると、田無宿の入り口が柳沢(いまの田無本町1丁目の辺り)で、柳沢に入ると街道の左がふじや右が柳屋、ついで角屋、田丸屋という旅籠になり、所沢街道(秩父道)を分岐していた。旅籠は旅商人の宿で、べつに木賃宿もあったが、田無宿は基本的には旅人のための宿場ではなかった。
田無宿は柳沢から橋場まで、およそ1.5kmにおよぶ商店が形成されたが、「宿」としては基本的には伝馬駅であった。一方、街道沿いの商店は、町といえば中野と田無と府中と青梅しかないといわれた頃なので相当広範囲の近傍農家からの買い物客を集めていたようだ。
役人が田無に宿泊するときは下田本家が利用された。


いずれにしろ、田無用水が引かれるまでは、青梅街道沿いには呑み水がなかったので、青梅街道に出てきた名主の下田家も「谷戸」から移転してきた田無神社も毎日「谷戸」まで水を汲みに行っていたという。
(青梅街道をちょっと南に下ったところには「石神井川」が流れているが、田無市中央図書館による明治末期から大正初期の青梅街道再現地図には「あくすい(悪水)」と書かれており、飲用はおろか農業用水にも適さない下水路であったようだ。)


ちなみに、現在も田無神社境内の一角に田無用水の碑が建っている。

なお、田無用水は練馬の田柄川が水量不足のため総持寺付近から分水されたほか、練馬の関村、石神井村にも分水されている。(このため、田無は関村などからたびたび「水訴訟」が起こされている)
by aizak3 | 2013-12-19 14:50
知らなかったご近所 6
d0082324_12282749.jpg



d0082324_12283927.jpg



d0082324_12285458.jpg





一枚目と二三枚目は印象が異なるかもしれないが、同じ道路沿いのすぐ近所といっていいくらいの場所。
宅地と農家が混在しているからこういう場所はいっぱいある。
普段は見ても見ていなかった場所だ。
by aizak3 | 2013-12-16 12:33
知らなかったご近所 5 白洋舎「武蔵野」支店
d0082324_1343013.jpg



d0082324_1344666.jpg



d0082324_1345698.jpg





へーぇ、白洋舎の洗濯工場がこんなところにあるとは知らなかった。
でもただそれだけ。


全国展開している白洋舎ならどこにあってもおかしくないと思いながらも調べてみると、洗濯工場として大規模なのは東京都内では品川・大井工場と葛飾・青戸とここ武蔵野工場だけらしい。


でも、武蔵野ってどこのこと?そっちが気になった。
ここ田無の外れは、わたしには「北多摩」で、わたしの中で「武蔵野」って云うと調布や小金井の野川や府中や国分寺涯線が思い浮んでくるが、ここが「武蔵野」っていうイメージはあまりないんだけどな。。


で、武蔵野の出処の古代「武蔵国」の領域を示す地図をまず探した。
d0082324_13122323.jpg



武蔵国は律令制大和政権によって府中に国衙が置かれ、その遺跡も最近大国魂神社のそばで発見され発掘調査が進んでいるようだが、7世紀頃无邪志(ムサシ)国造(胸刺、牟邪志、无謝志とも)の領域と知々夫(チチブ)国造の領域を合し成立したとされている。

考古学上では武蔵国はかつて毛野(ケノ)国(群馬県・栃木県)地域と一体でありその後7世紀にヤマト王権が総(フサ)国からこの地域に進出して勢力下においた地域だとするのが定説らしい。

明治維新時の廃藩置県では行政区域が細分化され、武蔵国は大きく分けて東京都、埼玉県及び神奈川県(川崎市と横浜市の大部分)に分割された。
(このことを逆に言えば、武蔵国は現在の東京都+埼玉県(全部)+神奈川県 川崎市(橘樹郡)+横浜市(都筑郡)にまたがる地域を占めた旧国名である)。



ところで、「武蔵国」の領域がわかったからといって「武蔵野」が指すイメージがわかったわけではない。
「武蔵野」とはどんなイメージで、どの辺りを指す言葉なのか。これを調べてみる気になった。


武蔵野は古くは万葉集にも登場するそうだが、「武蔵野」のイメージを中世人に定着させたのは、11世紀に書かれた『更級日記』(菅原孝標女)が最初で、いまの港区の三田四丁目辺りが、「蘆(あし)・荻のみ高く生ひて、馬に乗りて弓もたる末(馬に乗った男の弓の下半分の先)見えぬまで高く生ひ茂りて、中をわけ行くに、竹芝といふ寺(今の済海寺あたり)あり」という箇所が有名なのだそうで、更級日記は読んだことがなくてもこの箇所はどこかで読んだことがある方は多いだろう。
ここでの「武蔵野」は見渡す限り丈高い茫茫たる草の原のイメージが強調されている。


また14世紀に書かれた後深草院二条の『とはずかたり』でも浅草の葦茫茫の原の「 野の中をはるばると分けゆくに、萩・女郎花・荻・芒よりほかはまたまじるものもなく、これが高さは馬に乗りたる男の見えぬほどなれば、おしはかるべし。三日にや分けゆけども尽きもせず。ちと傍へ行く道にこそ宿などもあれ、はるばるひととほりは来し方行く末野原なり。観音堂はちとひき上りて、それも木などはなき原の中におはしますに、まめやかに草の原より出づる月影と思ひ出(い)づれば、今宵は十五夜なりけり」と木もない原の野を強調している。


この武蔵野のイメージが中世では一般的で、武蔵野は林ではなく、どこまでも続く丈高い草原でそこから月が出て、そこにまた月が沈むという東夷の異郷というイメージであったらしい。
「武蔵野」のイメージを最初に定着させたこの場所は、更級日記では現在の港区三田で、「とはずかたり」では浅草である。つまり、「武蔵野」とは現在の東京都心部なのである。


江戸時代でも、家康入府の頃(開幕前)は、まだ太田道灌の築いた江戸城前は日比谷入り江と呼ばれる海で、いたるところに葦が生い茂る葦原だったから、この中世のイメージは変わらず保持され続けたらしい。家康の入府以来延々と続けられた江戸造成の大土木工事による都市づくりの成果も、文化文明観に属する「武蔵野」の「イメージ」は、上方からの「お下がり」を重視する上方尊重の文人・画家の中ではゆるがず、武蔵野のイメージは中世のままだったようだ。
(当初の江戸には醤油もなく、衣料もなく上物は常に上方からの「お下がり」だった。江戸の地産品は「下らぬもの」だった)。
(話が飛ぶが、吉原も当初は現人形町に設置され、文字通りの葭原の地を開発したものだったという)。


ところが、明治に入ると自然主義文学観の影響の下で、東京西郊の渋谷村(当時)に居を構えた国木田独歩が人工の手が入った里山の雑木林と谷戸の田園と草原が入り混じった陽に輝く東京西郊の風景に新しい詩趣を発見し、北海道の原野でも那須野の原でもない独自の『武蔵野』の美を発見してイメージの転換を図った。

つづいて絵の世界でも、大正の代々木村に住んでいた岸田劉生が西郊の農村風景に新しい美を発見して『春』を描いた。


こうして「武蔵野」は丈高い草の原から、陽の射し込む明るい雑木林と田園の風景へのイメージ転換がしだいに文人に定着していったらしい。
新しい「武蔵野」を発見した二人が住んでいた場所が旧江戸市中ではなく当時の東京の西部郊外だったということも重要だろう。新しい「武蔵野」のイメージは、東京西部に移ったのである。


(俳句の改革者だった子規は下谷の根岸に住んで、「根岸の里の侘び住まい」をつければ、なんでも俳句になることを発見?したらしいが(いや、これは落語での話だった。失礼)どうして新しい「武蔵野」を発見しなかったのだろう。武蔵野徘徊より古くからの下町の「侘び住まい」の方が性に合ったのか。不思議だ)


旧朱引き外の東京郊外の宅地化(同時にスプロール化を起こした)は、畑→林→田圃の順で進んだといわれるが、昭和に入ってもまだオリンピック前までは、世田谷は広大な田畑を残す半農村であったし、吉祥寺も一面芋畑だった。この東京西郊の風景は、震災復興区画整理が行われて、早くから市街化が進んでインフラ整備が進んだ東京東部と大きく異なる点である。


戦後、復員した大岡昇平は『武蔵野夫人』で、国分寺涯線沿いで、涯線であるために開発から取り残された場所に独歩の「武蔵野」を発見した。この意味では独歩の林と谷戸の武蔵野を引き継いだだけで、新しい武蔵野のイメージではない。しかし、大岡の「武蔵野夫人」にはバター味が付加された。このバタ臭さが戦後の「武蔵野」のイメージで、世田谷のサザエさんを生んだ。
もはや、「武蔵野」は至るところにあるのではなく、「取り残された場所」か行政の手で「保護された場所」でしか存在できなくなってきたのだ。


こうして武蔵野のイメージは東京東部や北部とは切り離され、中央線西側の多摩川沿いの雑木林や田園の残る風景へと転換していったのではないか。
(明治人の独歩の描く「武蔵野」の範囲はかなり広範であるが、東京の東半分は異論があれば範囲に含めなくてもいいとはやくも言っているのだそうだ。確かめてはいないが。)


対比として『江戸名所図会』(江戸後期?)での武蔵野を挙げると、武蔵野は「南は多摩川、北は荒川、東は隅田川、西は大岳(だいがく)・秩父根(青梅・秩父間の山々)を限りとして、多摩、橘樹(現川崎市)、都筑(現横浜市)、荏原、豊島、足立、新座(現埼玉県)、高麗(埼玉)、比企(埼玉)、入間(埼玉)等すべて十郡に跨る」と解説しているそうでかなりの広範囲だし、これじゃ武蔵国から秩父の北西部を除いただけだし、地理的自然環境に依存しているだけだ)



つまり「武蔵野イメージ」は時代によって変遷し、したがってそれを代表する地域も変遷してきたらしいのである。(茫々たる葦の原→雑木林と谷戸の田園→涯線の林→宅地化から取り残された場所・保護された場所+バタ臭さ)


今日ではまあわたしの感覚的には、世田谷・調布・府中・国分寺ってとこか。
それでは、田無はどうか?
江戸時代なら間違いなく「武蔵野」であるが、さあ、どうかな。
それとも、わたしの「武蔵野イメージ」は狭すぎるのか?
田無にはバタ臭さはない。
by aizak3 | 2013-12-13 14:35
知らなかったご近所 4 橋場の農家
d0082324_13345016.jpg



d0082324_1335023.jpg



d0082324_1335865.jpg





秩父の小鹿野河原沢という山村の集落に、4月3日には河原で集落のこどもたちが雛人形を飾り、河原の石で竈を作って粥をたいて食べるという可愛らしい「おひなげえ」という祭行事があるというので、秩父に入れ込んでいた頃撮影にいったことがある..山に囲まれて平地のない集落の自然環境をみて「おひな粥」の意味がひとりでに理解されるとともに、貧しい山村に生きる人々が蚕ブームに巻き込まれて、やがて生糸暴落を端緒として明治中期に「秩父騒動(秩父困民党一揆)」が惹き起された歴史も自然に思い出された。


ところで、この写真の方は「橋場」付近の農家の風景であるが、明治大正期の「田無宿」を知る田無の古老たちを集めて聞き書きした田無市中央図書館が纏めた「田無むかしばなし」読んでいて驚いたことがある。

なんと明治・大正初期の田無では稗、粟が主食で米なんか喰っていなかったと古老が云っているのだ。ご馳走はうどん。うどんはうどん屋で食う。各家ではうどんは食えなかったようだ。
田無は江戸前期までは「水逃げの里」と呼ばれ安定した水が確保できなかった。
(立川の砂川村も逃げ水川であるが、時に氾濫する。砂川村は米軍の立川基地拡張計画によって反対運動が起こり「砂川闘争」で一躍有名になった村)。


田無用水が引かれたのは玉川上水(水源は多摩川の羽村堰)から分水した「小川用水」(小平市小川村)が江戸中期にまず引かれ、そこからようやく「田無用水」が青梅街道の南北に二本引かれたのであるが、それでも米麦は明治後期はまだ日常の主食にはなりえなかったのだろうか。
多摩ではどこでも、現在でも蕎麦ではなく饂飩が名物なのも道理だ。


農家は手押し車を押して、片道6時間かけて東京の京橋まで菜っ葉や大根を売りにいき、帰りには下肥を樽に積んで帰ってきたという(「田無むかしばなし」)。
京橋まで行ったのは京橋の下肥がよかったからだという。(果たしてそれだけの理由だったかどうか古老の話(記憶)というのは少々眉唾の部分がある?)


(江戸時代は江戸の糞尿は栄養に富み「商品」であった。糞尿はタダではなくかなりの値がつき近郊の葛飾、豊玉の農村から下肥の値下げ嘆願が町奉行に2回も出されている。
ところが、明治になると近郊農村人口を東京が吸収するようになり、金を払って下肥を買い江戸から搬出していた農村の需要が絶え、東京府・東京市の公共の仕事となった。この話は資料あり)

(田無のむかしばなしは、明治中期・大正初期の話であるから、もう糞尿が商品ではなくなった時代の話であるが、それでも京橋までいって下肥をなにがしかの野菜を置いてたまにはもらってきたことがあるという話しを古老が誇張して話したものだろう。)

(西武新宿線が開通したとき、田無駅には近所の農家に配る糞尿のホッパーがあったという。
これに尾ひれが付いて西武線が小豆色の車体をしているのは下肥が染み付いたためだとか、玉電が黄色いのは下肥を世田谷に運んだためだとか昔は云われていた)
by aizak3 | 2013-12-10 15:18
知らなかったご近所 3 「橋場」
d0082324_10137100.jpg



d0082324_1015623.jpg



d0082324_102615.jpg





「橋場」で青梅街道から分かれる成木往還(東京街道)の風景。
これを「橋場」で青梅街道に合流する成木往還(東京街道)と書いても意味は同じだが、起点は異なる。
 前者は「田無宿」を基点としているが、後者は青梅(成木)=石灰採鉱床を起点にしている。

 この写真の場合は「田無宿」が起点である。江戸時代には「この先六里人家なし 原道」と書かれていた「橋場」の先の風景である。
by aizak3 | 2013-12-09 10:25